>

エステサロン監修の化粧品にはどんな効果が

この記事をシェアする

「医学的に考えられた」とは

エステサロンが監修する化粧品には、医学的に考えられたといったコメントが併記されていることがあります。こうしたコメントの表記には、日本の法律が関係しています。かつては医師監修、大学監修等といったフレーズが用いられていることがありました。しかし法律が改正され、このフレーズが法に抵触するようになったため、それ以後医師や大学の監修といったフレーズそのものが使えなくなったのです。
とはいえ、実際の医学に見識のある人や肌の研究を進めている人が監修してはいけないという訳ではありません。知識のある人達の協力を得て、商品を開発した経緯をはっきりと伝えたい。こうした思いを経て、現在では商品を作る上でどのような観点から開発がされたのかを明記するべく、「医学的に考えられた」という言葉が使用されているのです。

エステサロン監修の化粧品にある効果

エステサロンは、サロンに通うお客様の肌を見守り続ける存在です。肌の状態に合わせてより良い施術を行い、美しい環境を維持するためのお手伝いをしています。常に肌の状態に寄り添っているということは、日々、肌がより良い状態にあるにはどうするかを考え、行動している専門機関ということです。
肌を美しくするためには、どれだけの成分が含まれていることが大切か、保水力や浸透性にも着目します。また皮脂の汚れをいかに落とすかも大切です。毛穴の汚れが適切に除去できていなければ、浸透力のある化粧水をどれだけ使用しても効果はありません。
こうした日頃のケアに寄り添っている専門機関のようなエステサロンだからこそ、見えることや欲しい効果に対する知識があり、それが盛り込まれたのがエステサロン監修の化粧品ということです。


トップへもどる